司法書士の試験の勉強方法として、専門学校に通う、通信教育を受ける、独学などの方法があります。この記事では司法書士の試験を初めて受ける方がどのような勉強をしたら良いのかについて紹介していきます。これから試験勉強をされるという方は、参考にしてみてください。また可能であれば、実際に司法書士の試験を受験された方のお話を聞いて方法やどのような学校に通ったかなどを学ぶということもおすすめです。経験者の意見を実際に聞くことができなければ、そういった方が運営しているブログなども参考にしてみると良いでしょう。事前の情報収集をしっかりとして、試験対策に臨んでください。まずは独学で勉強することは可能かについてですが、可能です。ただし独学は文字通り、一人でするものなのでそれなりのリスクはあります。一人で勉強することが得意な方には向いていますが、一人では怠けてしまう人などは学校に通う方がおすすめです。

司法書士の試験のための学校の選び方

司法書士の試験を勉強するための学校を選ぶにはまず資料請求をしてみると良いでしょう。授業内容や授業時間、学校の施設や設備などを知るためには有効です。そこで気になる学校を見つけることができたら、実際に見学に行ってみましょう。学校の雰囲気が自分に合っているかどうかを知るためにも、見学はおすすめです。学習環境はとても大切なので、学校選びは慎重に行った方が良いでしょう。在校生や卒業生の知り合いがいる方は、評判などを聞いてみることをおすすめします。知人にそう行った方がいない方は、口コミやSNSなどで評判を調べるなどで情報収集をしてみるのも良いでしょう。見学をするときは、学校の雰囲気や授業内容、行き帰りにかかる時間などを確認することをおすすめします。実際に通う際の練習にもなるので、一度は見学に行くと良いでしょう。

独学で司法書士の試験の勉強をするには

司法書士の試験のために学校に通う時間やお金がない方は、必然的に独学で勉強することを考えられるでしょう。独学は自分のペースで勉強できたり、学費がかからないなどのメリットがあります。反対にデメリットは、自己管理をしっかり行わなければいけないことや、見当違いなところを勉強していたとしても自分で気づくことができないという点です。そこで、通信教育を利用してみるという方法もあります。通信教育ならば、段階的に学ぶことができるので独学での学習のデメリットをある程度軽減することが可能です。通信教育についても、評判を調べるなどをして事前に情報収集しておくと良いでしょう。わからないところが質問できるサービスなどがついているかどうかも確認しておくと、あとでサポートが必要になった時に質問できるのでおすすめです。