司法書士の試験は難易度の高さに注目が行ってしまいますが、受験者資格はとても低いハードルです。司法書士の試験には年齢制限が無く、誰でも受けることができます。また、学歴や職歴も不問で高卒での合格者や、働きながら司法書士の勉強を進めている人も多くいます。司法書士の試験は一次試験の筆記試験と二次試験の口述試験で行われます。二次試験である口述試験はほとんどの人が合格するので、一次試験である筆記試験を突破できるかが鍵となります。筆記試験は午前と午後の2部制で、午前はマークシートのみ、午後はマークシートと記述で行われます。この筆記試験の合格通知書が口述試験の受験表となります。司法書士の試験はいかに勉強をしたか努力を問われる試験といっても過言ではありません。そのためテキストや問題集、専門知識を学べる場に行き、多くの判例や実例を元に勉強を進める事が大切です。

司法書士の試験の勉強するときの時間の使い方

司法書士の試験に合格するためには約2,000時間~3,000時間の勉強時間が必要と言われています。これは一体どれくらいなのか考えてみましょう。専業受験生の場合、1日8時間で週に6日勉強するとしても約1年~1年半かかります。兼業受験生の場合は平日が3時間ほど、土日に11時間ほど勉強しても約2年弱かかる事になります。しっかりと計画を立て、いかに効率よく勉強するかが大切となります。勉強時間の効率化にはポイントがあります。1つは科目ごとの勉強時間の配分を考慮する事です。特に民法、商法(会社法)、不動産登記法、商業登記法は出題数も多く、重要科目となります。2つは司法書士予備校や市販教材を活用する事です。予備校などは専門的に教えてくれるので勉強しやすくもあります。しかし全ての予備校や教材が良いわけではないので自分に合ったものを探す事が効率の良い時間の使い方へと繋がります。

司法書士の試験の抑えたい難関ポイント

司法書士の試験は難しい、難しいと言われていますが一体何が難しいのでしょうか。1つ目は登記法です。登記法は法学部を出た人でも理解しがたく、理解までに時間がかかると言われている科目です。しかし、理解さえする事ができれば大きな得点源となるので初めからコツコツと継続していく事で周りとの差を広げるチャンスができます。2つ目は記述式試験です。司法書士の試験は一次試験の午後に択一式試験と記述式試験が行われますが、かなり時間に厳しいものとなっています。実力があっても時間が足りなければ意味が無いので事前に時間配分の練習をしておく事も重要となります。3つ目はライバルの実力です。司法書士の試験の択一試験は9割取れないと合格確実ラインに乗れないと言われています。ケアレスミスが合否を大きく分けるといっても過言ではないので模擬試験等に参加し、試験を受ける心構えを作ることも大切となります。

徹底したサポート体制各種カード・コレクト決済。 平成29年度合格者400名中189名(輩出率47.3%)を輩出! 理解度が違います! 法改正にもいち早く対応! お見逃しなく! 割引キャンペーンやモニター募集などを定期的に実施しております。 送料・事務手数料 全国一律700円が別途掛かりますコレクトサービスご利用の場合は、代引き手数料 全国一律432円が別途掛かります。 司法書士試験合格を目指すなら|高実績の東京法経学院